2017.02.06

重症難病患者のコミュニケーション支援者養成講座@徳島

場所

鴨島病院(徳島県吉野川市鴨島町内原432番地)

日時

2017年2月25日(土) 13時~18時
2月26日(金) 10時~16時

主催
一般社団法人日本難病・疾病団体協議会
共催
NPO法人ICT救助隊
受講料

無料(資料代500円

平成28年度厚生労働省補助事業「難病患者サポート事業」として、「重症難病患者のコミュニケーション支援者養成講座」を徳島の鴨島病院で開催します。
東京からは日本ALS協会会長岡部宏生さん、都立神経病院OT本間武蔵先生にも同行していただきます。
貴重なお話が聞ける機会ですので、ぜひご参加ください。

日時:2017年2月25日(土) 13時~18時
2月26日(日) 10時~16時
参加費:無料(資料代500円)
会場:鴨島病院(徳島県吉野川市鴨島町内原432番地)
主催:一般社団法人日本難病・疾病団体協議会
共催:NPO法人ICT救助隊
後援:一般社団法人徳島県作業療法士会

2月25日(土)
13:00 ALS等の進行性の神経難病のコミュニケーション支援について
    (東京都立神経病院 作業療法士 本間武蔵先生)
15:30 透明文字盤・口文字実技練習
16:45 レッツ・チャット等意思伝達装置について 
17:45 当事者からのメッセージ(日本ALS協会会長岡部宏生氏)
18:00 終了

2月26日(日)
10:00 意思伝達装置操作体験(伝の心、オペレートナビ)
12:00 昼食休憩
12:50 HeartyLadder、iPadやiPhoneの1スイッチ操作
14:30 グループワーク
(患者さんに話を聞く、スイッチの工夫、視線入力体験)
15:30 まとめ
16:00 終了
※ プログラムは予告なく変更になることがあります。

<お申し込み、お問合わせ>
①氏名、②所属、③所属住所、④連絡先(メールアドレス等)を記入し、件名に「難病コミュニケーション支援講座」と記載しメールにて申し込みください。
(基本的に両日の参加でお願いします。都合で1日のみの場合はご相談ください。)
 E-mail:rehabili@t-group.net
 リハビリテーション部 作業療法士 吉野哲一宛まで

以下からチラシをご覧いただけます。
20170225_tokushima

講習会アーカイブ