スイッチ事例

意思伝達装置を使うために欠かせないスイッチ。病状の進行などで使えなくなってしまっても、さまざまなアイデアや工夫で、また使えるようになります。ここでは、スイッチの改善事例をご紹介します。

[事例1]スイッチを軽くして押しやすくする

「スプリント材で固定したスペックスイッチが重くなり、使いづらくなった」というご相談がありました。そこで、軽いマイクロスイッチを発泡スチロールに埋め込んでみました。試作を繰り返す中で、当初のスイッチの角度よりも、直角に設置するほうが押しやすいということが分かり、最終形が完成しました。

改良前のスイッチ
改良前

試作中
試作中

改良後
改良後

[事例2]指の動く角度に合わせて、スイッチの位置を変更する

筋ジストロフィーの女性から、「親指が下方向に動くのですが、ジェリビーンスイッチがうまく押せません」というご相談がありました。そこで、マイクロスイッチを親指で押せるようにセットし、自分の手でスイッチ本体を押さえるようにしました。そうすると、スイッチがずれずに押すことができます。指の動く方向や角度を変えたものをいくつか試作しました。

事例2改良前

改良前

事例2改良後

改良後

ご寄付について

みなさまからのご寄付が、患者さまの力となります。

ご寄付の方法